健康食品との上手な付き合い方

健康な身体の手助けをしてくれる健康食品

「健康食品」や「サプリメント」と言われるものは、現在は、ドラッグストアやコンビニエンスストア等でも、気軽に手に入る商品になりました。
元々「健康食品」や「サプリメント」は、「追加・補充・補助」という意味で生産されるようになった食品です。
ですから、「日頃不足しがちな栄養素を補うための食品」、と言う意味で、決して、「病気を治してくれる」と言うものではないと言う事を、念頭に置いて摂取する事が望ましいと思われます。

 

テレビや雑誌では、誇大広告として「○○が治った」「○○が良くなった」と広告されているものがありますが、実は「サプリメント」と言う用語そのものには、行政的な定義が無いことで、このような広告が出回ってしまうのです。
一般的には「健康の保持増進の為、特定成分が濃縮された錠剤やカプセル形態の製品」を指して、「健康食品」や「サプリメント」と呼ばれています。
こういった背景の中、食品扱いである「サプリメント」や「健康食品は」は、医薬品のような厳しい審査が有りませんので、効果・効能についての表記をすることは禁止されているのです。

 

健康の基本は食生活なので、一番良いのは、三大栄養素である「炭水化物、脂質、タンパク質」を十分に摂取できていれば、「健康食品」や「サプリメント」は必要ありません。
しかし、現代の食生活は、「偏食」や「外食」「インスタント食品」などの不規則な食生活によって、栄養素が不足しがちです。
不足している栄養素(特にビタミン、ミネラル、繊維質など)は、なるべく「健康食品」等でおぎなう事も必要です。

 

「今自分に不足している栄養素は何であるのか」と言う事を良く考えた上で、安全に考慮して摂取していきましょう。

 

また、病気などで、主治医から処方されている薬がある場合は、必ず医師に相談してから摂取するようにしましょう。

 

※こちらは栄養素としての「スルフォラファン」成分に関する内容となっております。関連商品やサプリメントの効果を保証するものではありませんのでご了承くださいませ。