漢方を取り入れてみる

古来からある漢方薬の定義と効果

「漢方薬」とは、古来の東洋医学において、「複数の生薬を組み合わせる事で、作用は強く倍増する」事が知られています。その一方では、「必要のない作用は減退する」と言う事も確認されていました。
東洋医学では、この優れた生薬の組み合わせる事で、様々な症状に対して必要な薬効成分を含む、「漢方薬」を現代へと伝えてきました。

 

「漢方医学」は、特徴として、身体全体に対しての効果を、広くみる事により、体質を改善していくと言う事です。
西洋医学では、悪い部分に対してだけに、集中して効果を発揮させる薬を用いることで、病気を治していきますが、漢方薬では、身体の全体で考えることで、健康な体を維持できるようにすることが、大きな違いと言えるのでしょう。

 

現代の医療の中では、あまり「漢方薬」の知名度や、効果について知られていない部分が多いと思われますが、実は、皆さんが良く知っている「サプリメント」には、この「漢方薬」の考え方が取り入れられているのです。

 

「自然治癒力」「体力増強」や「健康維持」の為に「サプリメント」を毎日摂取している方もいらっしゃると思われます。

 

ブロッコリーに含まれている「スルフォラファン」もその一つで、身体の「免疫力の向上」「体力維持」「解毒作用」「抗酸化作用」等が期待できるとされています。

 

この「スルフォラファン」のサプリメントに対しても、決して「一つの病気に対して強い効果がある」と言う事ではありません。

 

良く「抗ガン作用がある」と言われていますが、これは「免疫力を強化する」と言う事で、決して「ガンを治してくれる」と言う事ではありません。
「毎日摂取する事で健康を維持する」と言う事が目的なのです。

 

ある意味、「サプリメント」は「漢方薬」のように、「身体に対して、広く健康を維持していく」と言うことが、一番大切な事なのです。

 

※こちらは栄養素としての「スルフォラファン」成分に関する内容となっております。関連商品やサプリメントの効果を保証するものではありませんのでご了承くださいませ。