スルフォラファンを食品から摂る

「スルフォラファン」を多く含むおすすめ食品

今の健康ブームで注目されている「スルフォラファン」ですが、どんな食品から摂取できるのでしょうか。

 

主に、「スルフォラファン」が含有されている食品は、ブロッコリーをはじめとするアブラナ科の野菜に含まれることが多いようです。
ブロッコリーの他には、カリフラワー、菜の花、だいこん、貝割れダイコン等の、辛み成分の多い食品です。
それ以外で、一番、「スルフォラファン」の含有量が多いとされている野菜は、発芽ブロッコリーの「ブロッコリースプラウト」です。
この「ブロッコリースプラウト」の「スルフォラファン」含有量は、成熟した「ブロッコリー」の約2.5倍とも言われていますので、毎日のサラダ等で摂取することで、充分な量を体内に取り入れることが可能です。

 

これらの野菜の、調理法ですが、生で食べることが一番、栄養素の損失を抑えることが出来ます。
また、「ブロッコリー」のように、硬い野菜類は、蒸すことで調理過程での栄養素の損失を抑えることが出来ます。
ただ、「スルフォラファン」自体は、揮発性のため、刻んだり、すり下ろしたりしたりすることで、栄養成分を逃してしまいますので、調理後は、長時間放置せず、すぐに食べるように心がけましょう。

 

強い抗酸化作用を持つため、「アンチエイジング」として、老化防止や美肌に対して、効果が期待できる食品ですので、こまめに、献立に取り入れることで、健康的な食生活を維持できます。
また、不規則な生活や、お酒を召し上がる方には、とても良い食品でもあります。
「スルフォラファン」には、体内の解毒酵素を活性化させる作用がありますので、コンビニのお弁当や、サラダ、外食などでも、進んで「スルフォラファン」の多い食事を摂るように心がける習慣も必要です。

 

※こちらは栄養素としての「スルフォラファン」成分に関する内容となっております。関連商品やサプリメントの効果を保証するものではありませんのでご了承くださいませ。

関連ページ

ブロッコリーとブロッコリースルフォラファンの栄養価
かいわれ大根とブロッコリースプラウトの比較
スルフォラファンで生活ケア!近年注目をあびる健康パワー成分スルフォラファンを、最新の技術で凝縮し飲みやすいサプリメントになりました!