かいわれ大根とブロッコリースプラウトの比較

野菜の新芽は栄養がたくさん!かいわれ大根とブロッコリースプラウト

「かいわれ大根」と「ブロッコリースプラウト」は、スーパーでも並んで売られていることが多い野菜です。
どちらも、アブラナ科の植物の、「大根の新芽」と「ブロッコリーの新芽」と言う事で、栄養価が高いことで知られています。

 

元々「スプラウト」とは、野菜の新芽で、貝割れ大根やブロッコリースプラウト,もやし等の事を指した、総称です。
野菜は成長とともに、失われていく栄養素が多くなる中で、種子には、蛋白質やビタミン,ミネラル等が豊富に含まれていて、重要な栄養素を、新芽の時期に摂取することが出来るので、最も効率良く体内で働きかけてくれます。

 

同じ「スプラウト」ですが、「かいわれ大根」には、アブラナ科の野菜には多く含まれていると言われる、「イソチオシアネート」が体に良いとされています。
これがピリッと辛いアクセントになる、かいわれ大根独特の辛み成分でもあります。
殺菌効果 が高いため、 よく噛んで食べることで、その効果を発揮してくれます。
更に、「奇跡のホルモン」と呼ばれている「メラトニン」と言う成分が含まれることで、
安眠を促し、免疫力を高める働きが期待できます。
更に、ストレスや、シミ、そばかすなどに効果があるとされる「ビタミンC」は、レモン果汁の約1.6倍も含まれているのです。

 

一方、「ブロッコリースプラウト」は、甘味があり、その中に豊富に含まれる栄養素として「スルフォラファン」と言う成分があります。
この「スルフォラファン」には活性酸素を除去する効果や、や解毒作用があるとされていますが、更にカルシウムやミネラル成分、食物繊維も豊富に含有されている為、「整腸作用、コレステロールの減少、 血糖値を下げる効果や、アンチエイジング」等の効果が期待されています。
また、「スルフォラファン」は、体内でその成分を3日間持続させてくれる効果がある為、3日に1度の摂取で効率よく栄養素を摂取できるのです。

 

※こちらは栄養素としての「スルフォラファン」成分に関する内容となっております。関連商品やサプリメントの効果を保証するものではありませんのでご了承くださいませ。