ブロッコリーとブロッコリースルフォラファンの栄養価

ブロッコリーより優秀!?ブロッコリースプラウトの高い栄養価

身体に良いとされる「スルフォラファン」を多く含む食品として「ブロッコリー」があげられます。
現代では、肉料理に欠かせない野菜の一つとしてあげられます。
日本では、最初は明治時代に、観賞用として広まりましたが、第二次世界大戦後には、その栄養価の高さから「緑ハナヤサイ」と呼ばれ本格的に栽培されるようになりました。
最近の健康ブームでは、「抗ガン作用」や「アンチエイジング」への期待がされる、「ファイトケミカル」と言う栄養素の一種として、「スルフォラファン」が含まれているブロッコリーが脚光を浴びるようになりました。

 

この「ブロッコリー」はあまり日持ちがせず、すぐに、黄色くなってしまいます。
ですから、早めに使い切るか、一度、レンジなどで蒸してから、冷凍保存をすることで、栄養価が逃げてしまうのを防ぐことが出来ます。

 

今注目を集めつつある物に、ブロッコリーと言うよりは、「カイワレ大根」に近い、「ブロッコリー」の新芽である「ブロッコリースプラウト」と言うものがあります。

 

「ブロッコリースプラウト」の特に注目される部分は、通常の「ブロッコリー」よりもはるかに多い「スルフォラファン」が含まれており「ブロッコリー」の20〜50倍の、「スルフォラファン」が含有されていると言う事です。
ですから、少量食べるだけでも大量の「スルフォラファン」が摂取できると言う事で、注目を集めるようになりました。

 

「ブロッコリー」で、何らかの効果を期待して「スルフォラファン」を摂取する場合は、1週間に1kg以上の摂取が必要だといわれていますが、「スルフォラファン」が安定している「ブロッコリースプラウト」ならば、1週間に120g程度で充分摂取が可能です。
 また、スルフォラファンの効果は3日間持続すると言われているので、週に2回食べることで、充分な量が摂取できると思われます。

 

※こちらは栄養素としての「スルフォラファン」成分に関する内容となっております。関連商品やサプリメントの効果を保証するものではありませんのでご了承くださいませ。

関連ページ

スルフォラファンを食品から摂る
かいわれ大根とブロッコリースプラウトの比較
スルフォラファンで生活ケア!近年注目をあびる健康パワー成分スルフォラファンを、最新の技術で凝縮し飲みやすいサプリメントになりました!