スルフォラファンの構造式

「スルフォラファン」成分摂取後に体内で起こっている反応

最近の健康ブームの中、今注目を浴び始めている「スルフォラファン」と言う栄養素は、
自然治癒力を強化する為に効果的とされています。

 

「スルフォラファン」とは、はブロッコリーやカリフラワーを始めとする、アブラナ科の野菜に多く含まれている事がわかっています。

 

「スルフォラファン」は、硫黄化合物の「グルコシノレート」から生成される栄養素の一つで、科学的な構造式になると、「ミロシナーゼ」と言う物質によって「グルコシノレート」の結合が解けることで、開裂した「硫酸エステル」が分子内反応を起こすと言う事です。
それによって、「イソチオシアネート」と言うものが生成されるのです。
この「イソチオシアネート」と言う物質が、今話題の「スルフォラファン」という訳です。

 

この様に、ちょっと複雑な構造式を持っていますが、「スルフォラファン」自体は、とてもシンプルな作用を持っていて、人間の体内で、有効な働きをしてくれているのです。

 

元々は、体内の免疫力を強化することで、自然治癒力を強化してくれる働きを研究中に、その作用があるとされる「スルフォラファン」が発見されました。

 

自然治癒力が低下する原因としては、遺伝もありますが、多くの人の場合は「活性酵素」による、体内へのダメージが原因です。
「活性酵素」とは、人間の細胞にダメージを与えることによって、シミやしわを作り出す事を始め、体内の免疫力を低下する原因ともいわれています。

 

「スルフォラファン」には、この免疫力の低下を促す、「活性酵素」の活動を抑えてくれる役割があるのです。
これらの研究によって、「自然治癒力の強化」がされる為、様々な病気の予防として役に立つことがわかってきたのです。

 

※こちらは栄養素としての「スルフォラファン」成分に関する内容となっております。関連商品やサプリメントの効果を保証するものではありませんのでご了承くださいませ。