スルフォラファンは肝臓に良い?

お酒や食生活で弱った肝臓へ、効果はあるのか?

現在、「身体によい」とされている、「スルフォラファン」ですが、最近は男性の間で「肝臓に良い」と言う事が話題となっています。
「肝臓」に関しては、成人男性の3人に一人が、健康診断などで、何らかの肝臓以上発見されることが多い時代です。

 

しかし、肝臓は「沈黙の臓器」と言われているように、全く自覚症状を感じることが無いと言うのが事実です。

 

特に健康診断で、肝臓の病気が発見されるきっかけは、健康診断で測定をする「γ(ガンマ)‐GTP、AST(GOT)、ALT(GPT)」といった3つの項目からです。
これらは、肝機能がどれだけ破壊されているかと言う指標になります。
「これらの数値が異常」と医師に診断された場合は、特に意識して生活するようにしなければいけません。

 

そういった、状態に陥らないためにも、かなりの成人男性は、「肝臓」に気を使っているのではないでしょうか。
しかしながら、「食事」や「お酒」などお付き合いの多い男性は、中々気を付けるのは難しいようです。

 

そんな方の「対策」として、提案したいものが、「スルフォラファンの摂取」です。
「スルフォラファン」は、ブロッコリーや、キャベツなどの「アブラナ科」の野菜から摂取する事が出来ます。
「スルフォラファン」には、肝臓の「解毒酵素の活性化」があると言われており、肝臓の解毒作用が高まりやすくなるようです。

 

その効果として、「四塩化炭素肝障害モデル」(肝機能の評価法のひとつ)に大して、「 スルフォラファン」を摂取してみたところ、解毒作用の改善が見られたと言う事です。
なるべく、「スルフォラファン」を含む食品を多く摂取する事で、加齢と共に弱ってきた肝臓を強化し、また、前日に「飲み会」等でお酒を飲み過ぎて弱った肝臓を労わってあげる事も必要です。

 

※こちらは栄養素としての「スルフォラファン」成分に関する内容となっております。関連商品やサプリメントの効果を保証するものではありませんのでご了承くださいませ。