スルフォラファンはどうやって発見された?

スルフォラファンはどうやって発見された?

健康にいいとされているスルフォラファンですが、実際に利用している人も増えています。
スルフォラファンと言うのはブロッコリーやわさびまた大根と言ったアブラナ科の野菜に含まれている成分のことを言います。
このような野菜の中に含まれている、辛味成分のイソシアートの一種がスルフォラファンになります。
スルフォラファンは健康サプリメントとして、多くの人たちに利用されています。

 

■スルフォラファンの発見について

 

現在ではとても人気のあるスルフォラファンですが、どのようにして発見されたのか気になるところでもあります。
スルフォラファンは、実はがん予防研究の過程で発見されました。
発見のきっかけとなったのは、アメリカ研究チームのがん予防の研究です。
ガン予防や改善のための研究を進めているうちに、実験で試していた植物成分の中に有効性としてのスルフォラファンを発見しました。
実際に発見したのは、ジョン・ホプキンス医科大学のポール・タラレー博士です。
博士は様々な植物の中から、ブロッコリーに含まれているスルフォラファンががん予防に最適な成分と確信したのです。

 

■スルフォラファンは高密度な成分です

 

ジョン・ホプキンス医科大学のポール・タラレー博士が研究を進めるうちに、新芽のブロッコリーにあるブロッコリースプラウトに、さらに高濃度であるスルフォラファンを発見しました。
これががん予防に最も適した植物であると発表しました。
その後スルフォラファンの研究を探めるため、カゴメ株式会社と共同で研究をしていきます。
そしてそこでアルコールを摂取した後の、悪酔い状態を改善する効果も発見しました。
このようにして、スルフォラファンの効用が発見されました。