スルフォラファンとアルコールの関係

スルフォラファンと肝臓

健康にいいことで知られているスルフォラファンですが、サプリメントとして服用している人も多いのではないでしょうか。
最近は健康食品や健康サプリメントの種類も増えてきましたが、その中でスルフォラファンの人気も高くなっています。
スルフォラファンを服用することで肝機能の働きもよくなり、健康になったと言う体験談もよく見かけます。
肝臓はアルコールとも関係してきますので、お酒が好きな人はとても気になるところでもあります。

 

■スルフォラファンとアルコールの関係について

 

人間の体の中で、肝臓の果たす役割も大きくなっています。
肝臓は体内に入ってきた薬やアルコール、食品添加物などの化学物質、また体内で生成されたアンモニアなど、体に有害となる物質を分解して無毒化してくれます。
肝臓の持つ解毒作用のおかげで、私たちは健康な体を維持できるのです。
肝臓は「沈黙の臓器」と言われていますが、その言葉どおり辛抱強く強靭な臓器でもあります。
しかしその分異状などの自覚症状も分かりにくく、症状が発見された時は既に重症化していたと言うことも少なくありません。
アルコールを良く飲む人にとっては、肝臓の調子がとても気になるところでもあります。

 

ある調査によると、肝機能異常を抱えている人は27年前と比較しておよそ3倍にもなっていると言うことです。
スルフォラファンはアルコールの解毒作用に効果があります。
体内に入ったアルコールは、肝臓の働きによりアルデヒド脱水素酵素を生成します。
スルフォラファンはアルデヒド脱水素酵素の働きを活性化させ、アセトアルデヒドの分解を促進してくれます。
これにより肝障害の指標と言われる「GOT」、「GTP」の数値も低下し、肝機能も向上してきます。