寝不足で起こる様々な悪影響

寝不足で起こる様々な悪影響とは

何かと忙しい現在、睡眠不足で悩む人も少なくありません。
会社での人間関係、仕事の悩み、家庭でのトラブルなどが原因でストレスもたまりやすくなります。
ストレスが増えると睡眠にも影響してきます。様々なことを考えてしまい、眠れない日が続くケースも多々あります。
睡眠不足が続くと、身体などにも様々な悪影響が出てきますので注意が必要です。

 

■睡眠不足で起こる様々な悪影響について

 

睡眠不足が続くと、身体に様々な悪影響を及ぼします。どのような影響が出てくるのでしょうか。
睡眠不足による危険性を見てみます。
まず死亡率が高くなる可能性があります。睡眠不足が継続すれば、死亡率が高くなることが分かっています。
様々な調査が行われていますが、その中で最も死亡率が低いのが平均睡眠時間が7時間程度です。
その時間よりも短い睡眠時間になる程、死亡率が高くなっているのです。
調査結果によると、毎日の睡眠時間が4時間の人は、7〜8時間の人と比べて死亡率が3倍以上に上がっています。

 

また睡眠不足が続くと病気になるリスクも高まります。
睡眠不足が原因で死亡率が高まりますが、それと関連して病気になるリスクも高まります。
病気の中でも糖尿病は、睡眠不足が原因とも言われています。
睡眠不足によって、糖分を分解してくれるインシュリンの働きが低下してくるからです、
さらに睡眠不足が続くと、心肺機能にも大きな負担がかかりやすくなります。そのため、高血圧や心臓病になる可能性も高まってきます。
その他にも現代病とも言われている、メタボリックシンドロームになりやすいことも分かっています。
このように、睡眠不足が続くと身体に様々な影響が出てきます。