病は気から

昔からの格言「病は気から」は本当!?

昔から、「病は気から」と言うことわざがありますが、その意味は「病気は気の持ちようによって、良くも悪くもなる」と言う事なのです。

 

医学的にも、「病は気から」と、病気との関連性があることが、明らかになっています。
「自律神経の不調」を訴える方の殆どは、主に「悩み・心配事」などのストレスから来ていると言われています。
「ストレス」を抱える事で、「食欲が減退する」「不眠に陥りやすい」と言った現象が起こります。
その為、それをきっかけに、本当に体調を崩してしまう恐れがあるのです。

 

自律神経は、血液まで支配する大切な神経です。
精神的要因は、臨床研究においても、「無力感や否定的な感情抑制」等の精神的要因によって、病の進行に繋がることがわかっています。

 

ある団体が、「免疫機能」について継続的に調べた結果、「楽しい記憶を思い出したグループ」と「気がめいる記憶を思い出したグループ」では、免疫細胞の数に大きな差が出ました。
「楽しい記憶」のグループは、「免疫細胞が活発であった」と言う記録が残っています。
「免疫細胞の活動」が低下する事で、感染症にかかりやすい状態に陥りやすくなると言う事なのです。

 

「具合が悪くなったらどうしよう」「ダルいかも」と思う事で、不思議と体調は悪くなっていきます。
しかし、何にも考えずに、「リラックスしている状態」を作ることで、体調が良くなる場合が多いのです。

 

 人は、感情を変化させる事で、体調にも変化が現れるのは、脳との関係がとても深いと考える医師が多くなってきています。

 

 今までの医療現場では、患者の精神状態まで気にして診察をする医師は少なかったのですが、最近では、「脳と関係する心の部分」つまり「患者の精神状態」を重視する医師も増えているのも事実です。

 

※こちらは栄養素としての「スルフォラファン」成分に関する内容となっております。関連商品やサプリメントの効果を保証するものではありませんのでご了承くださいませ。