健康のために推奨される運動量

健康のためには一日30分〜1時間の運動を

最近、多くの日本人の抱える悩みとして、「メタボリックシンドローム」があります。
この生活習慣病を予防・改善する為に、厚生労働省が推奨している運動量は、約「30分〜1時間」程度の、軽いエクササイズ・ウォーキング・軽いジョギングを上げています。

 

「運動をする事」で、生活環境を見直し改善することは、生活習慣病の「発症・重症化の予防」又、「社会生活機能の維持・向上」があると考えられています。
更には、「老化の予防」や、「健康的な高齢者生活」を送る上でのベースとなるのです。

 

厚生労働省の「健康づくりのための運動指針2006」に記されている内容では、「運動と日常の生活活動をあわせて1週間に23エクササイズを行う」と定義されています。
これは「23種類のエクササイズをする」と言う意味では無く、「体重1キロあたり1.05 kcalのエネルギーを消費する」という運動量を「1エクササイズ」と想定しています。

 

「安静で座っている状態の運動強度を1」とされていますので、その3倍以上の強度の運動や生活活動が必要と言う事です。
その運動量を目安に、「1週間に23エクササイズ分を消費する」と言う事が目標となります。

 

具体的には「やや早歩き程度でのウォーキング」を例に挙げた場合、約1時間程度を週3〜5日程度が理想とされています。
歩数に直すと、1回分は約6000歩程度となります。
これに毎日の生活に必要な動きをプラスする事で「1週間で23エクササイズ」になると考えられます。
しかし、通常の場合、これ以上の過度な運動を急に始めることは、身体に何らかの支障をきたす恐れがありますので、自分の体調に合わせて運動する事が大切です。

 

通院をしている方、又は現在、持病を抱えて通院されている方は、主治医とよく相談してから始めて下さい。

 

※こちらは栄養素としての「スルフォラファン」成分に関する内容となっております。関連商品やサプリメントの効果を保証するものではありませんのでご了承くださいませ。