健康的な食生活

健康的な食生活を目指すためにできること

現代の日本人の食生活は、多忙な毎日を送っている為でしょうか、生活リズムも不規則になりがちです。
どうしても、「手軽で簡単な食事」と言う事で、ファストフードや、コンビニのお弁当などで済ませてしまいがちです。
栄養補助食品である「健康食品」や「サプリメント」「機能性食品」の普及も手伝い、「きちんと食事を摂る」と言う習慣が減少しているように思われます。

 

健康的な生活を送る為にも、規則正しいバランスのよい食事を摂ることは人間にとって大切な事でもあります。

 

政府は2008年度から40〜74歳の人を対象に「特定健診」と「特定保健指導」を実施するようになりましたが、それでも「糖尿病、高血圧症、脂質異常症」等の生活習慣病から来る、「メタボリックシンドローム(内臓脂肪型肥満)」の人は年々増加しています。

 

食生活と健康は、切り離すことが出来ない、生きていくためには、大変重要な事なのです。 

 

「3食きちんと食べる」と言う事はとても重要なことです。
深夜に、夜食を摂ることは、胃にも負担がかかりますし、朝食を抜くことは、脳に栄養素が行きわたらない状態で仕事を始めることになってしまいます。
朝・昼・晩の3食を規則正しく摂取する事が基本です。

 

更に、「1日30品目」と言われていますが、食事の献立に全て取り入れるのは中々難しいと思われます。
出来る限りで構いませんので、多くの食材を取り入れて献立を考える事を心掛けましょう。

 

「カロリーは満たされているが、栄養素が不足している」と言う場合も多いです。
丼物や、単品の献立は、脂肪や塩分・糖分が多くなり、カルシウム・ビタミン・ミネラル不測の原因にもなっています。  

 

また、出来るだけ、家族で夕食を一緒に摂ることで、「ゆっくりと噛む」習慣が身に付きますので食べ過ぎの防止にも繋がります。

 

これらの事を、考慮して、「健康的で豊かな食生活」を送ることを心掛けましょう。

 

※こちらは栄養素としての「スルフォラファン」成分に関する内容となっております。関連商品やサプリメントの効果を保証するものではありませんのでご了承くださいませ。