一日に必要な野菜の摂取量

一日に必要とされる野菜の摂取量はなんと350g!

厚生労働省の「健康日本21」においては,「一日350グラム以上の野菜の摂取」を目標として定められています。

 

野菜に含まれる栄養素には「ビタミンA、C、食物繊維、カルシウム、カリウム」などの大事な栄養素が豊富に含まれています。
これらを摂取する為にも、「毎日350g以上の野菜を食べる」と言う事が必要になってくるのです。

 

野菜に多く含まれているとされる、「ビタミンC」は、「コラーゲン」の合成に関わっており、美肌や、骨粗しょう症の予防、血管や筋肉を強化する働きがあります。
更には、抗ストレス作用があり、女性に不足しがちな「鉄分」の吸収を高める働きもあります。
「骨粗しょう症」の予防としては、「ビタミンC」の他に、「カルシウム」も必要です。
小松菜・水菜・春菊などの葉野菜は、「カルシウム」が多く含まれているので、中高年、高齢者の方はなるべく摂取するように心がけましょう。

 

野菜には多くの食物繊維が含まれています。
この「食物繊維」は食事から摂取された、「糖質」や「脂質」等の吸収を、穏やかにさせてくれる作用があります。
ですから、「血糖値」や「血中脂質」の急な上昇を抑える事で、特に糖尿病や、内臓脂肪の気になる方には重要な栄養素の一つでもあるのです。
更に「食物繊維」には「腸内細菌」のバランスを保つ働きがある為、便秘や下痢の予防に効果があります。

 

女性が気にしがちな、「老化」の原因は体内に発生した活性酸素が原因となっています。
活性酸素は体内で、「たんぱく質」や「脂質」などを酸化させることで、身体の老化である、「肥満」や、「シミ・そばかす」の原因を引き起こしています。
老化の防止のためにも、緑黄色野菜を摂取する事で、これらの活性酸素を除去する役割のある、「ビタミンA・C」などの抗酸化物質が多く含まれているので、積極的に摂取する事で若さを維持する事が出来ます。

 

※こちらは栄養素としての「スルフォラファン」成分に関する内容となっております。関連商品やサプリメントの効果を保証するものではありませんのでご了承くださいませ。